一覧に戻る

03

Designer
小泉 智加良
2022年入社 日本大学出身

Q1 仕事をする中でやりがいを
感じる時は
どんな時ですか?

誰かに頼られたときにやりがいを感じます!私はデザインを作るってとっても華やかに見えています。ですが、お仕事をする中で「大変」だったり「地道な作業」だったり。そういう時って必ずあるんですよね。そんな時、いつもよりちょっとだけ気合を入れて「こいつの一番かっこいい!」とか「すげーキレイで見やすい!」をたくさん探して詰め込んであげるようにしています。私はこれらを「より良いものを作りたい」という、同志のお客様への思いやりだと思っています。そんな思いやりを感じていただけて、感謝されたときや再度頼られるときには、とても嬉しさとやりがいを感じます。

KOIZUMI’S WORKS (株)集英社「アンデッドアンラック 7種ブックカバー」
©戸塚慶文/集英社

Q2 どんな後輩と働きたいですか?

自分のデザインで「誰かの心を揺さぶりたい」と思っている人と働けたら嬉しいです!すなわち、野心家大歓迎!私はそう思っています。自分の作るものを世間に評価してもらうって、とっても難しいです。でも誰かに響かせたいと思っている人は、是非かっこいい先輩方や上司の方々の仕事を近くで見てみてください。野心がある人は先輩方の「良いところ」をたくさん発見できるような気がしています。先輩から盗んだ良いところと、自分の良いところを武器に「たくさん学んで」「たくさん作って」「たくさん努力する」それだけやって、作ったものは誰か1人くらいの心は必ず揺さぶれるはずです。是非、一緒に仕事をして良いところをたくさん盗んでくださいネ!

Q3 あなたにとってサービス
クオリティとはどんなものですか?

この人と一緒に働きたいと思ってもらうえるよう努めることが私のサービスです。長年一緒にいる家族や友人と一緒にいると「さすが!!!わかってるね~」というタイミングありませんか?つまりそれそれ!それです。その関係をものづくりで築けたら「最強」だと私は思っています。最強になるために、相手の気持ち考える。日々やってみてください。その心がけがあれば必然的に「サービス」とは何かがわかると思います。そうして最強になった人たちが作る作品の「クオリティ」はかなり最強ですよ!