一覧に戻る

05

Graphic Producer
杉山 雅志
2022年中途入社 神奈川大学出身

Q1 仕事をする中でやりがいを
感じる時は
どんな時ですか?

私が携わっている広告が世の中に出たときに、やりがいというか、この仕事をしていてよかったなと思います。広告はかかった時間やお金に比例せず、だいたいの物が短期間でなくなってしまいます。一方で、神は細部に宿ると言いますが、ADやデザイナーを含めた数多くの人達が、試行錯誤しながらぎりぎりまでこだわり続けます。瞬間的なものでありつつ、裏には信じられないほどの熱量が含まれています。その人たちが少しでも自分の仕事に集中できる環境を整え、よりよい広告が世の中に出て、誰かにポジティブな影響を与える。そんなことを考えながら仕事をしています。

Q2 どんな後輩と働きたいですか?

趣味でも部活でも勉強でも、人に対してでも、なにかに一生懸命取り組んだ経験があると自信をもって言える人は、魅力的で強いなと思います。その経験がある人は挫折や失敗を乗り越えた経験がある人とも言え、壁にぶつかった時、まずは乗り越えようとする意志が現れ、次にどうすれば乗り越えられるか考えることができると思います。たとえ乗り越えることができなくても、そこから何かを学び、同じ壁や全く違う壁にでも活かせることができるはずです。そんな人と一緒に働きたいと思いますし、私も壁にぶつかってばかりなので、楽しみながら一緒に乗り越えていければなと思います。

Q3 あなたにとってサービス
クオリティとはどんなものですか?

相手の立場(気持ち)になって考え、行動することが私にとってのサービス/クオリティです。上司からはよく、「仕事と仕事をするのではなく、人と仕事をしなさい。」と言われますが、本当にその通りだなと思います。多くの仕事は短期間で終わりますが、人との関りはすぐには終わりません。プロデューサーは様々な役割の人たちと仕事をすることが多く、一度接点を持てた人に対して、どうすれば次につなげることができるか考え、実践することが大切だと思います。良い広告は良いコミュニケーションから生まれると信じているので、社内外問わず、何気ないところで気を使い、相手の痒い所に手が届く、そんなことが当たり前にできるプロデューサーがかっこいいなと思います。